▲ Image Via sansya-taisai/hachinohe-city ▲ Image Via sansya-taisai/hachinohe-city

300年の歴史と伝統を誇る祭りが2016年も開催する。華麗な27代の山車が八戸を練り歩き、毎年多くの観客を魅了する。

国の重要無形民俗文化財に指定された祭りが八戸で5日間行われる

青森県東南部に位置する八戸市で2016年7月31日(日)~8月4日(木)に日本一の山車絵巻「八戸三社大祭」が行われる。

祭りには、郷土芸能には法霊神楽(ほうりょうかぐら)や虎舞(とらまい)、太神楽(だいかぐら)などが行列をつくり、また民話や歌舞伎などを題材とした山車(だし)も八戸中心街を練り歩く。毎年約110万人の観光客が訪れる。

「八戸三社大祭」(はちのへさんしゃたいさい)の始まりは、1720年に凶作に悩む人たちが“おがみ神社”に天候の回復と豊作を祈願したところ、無事に収穫を迎えることができ、その御礼として神輿を建造し“新羅神社”に渡御したことが、八戸三社大祭の始まりと言われています。

▲ Image Via Float/hachinohe-city ▲ Image Via Float/hachinohe-city

「八戸三社大祭」は、国の重要無形民俗文化財に指定され、2016年7月現在には「山・鉾・屋台行事」の一つとして、ユネスコ無形文化遺産に登録を申請中だ。

300年の歴史と伝統を誇る豪華絢爛な山車(だし)まつり。この祭りの見どころについて次のように紹介しているぞ。

一番の見どころは、おがみ神社・長者山新羅神社・神明宮の三神社の神輿行列と、神話や歌舞伎等を題材に各山車組が制作した27台の山車の合同運行。「三社」といえば浅草の「三社祭」が有名ですが、八戸三社大祭はそれにもひけをとらないにぎわい。高さ10m・幅8mにもなる山車が通るたび、沿道では大きな歓声があがります。

7月31日の前夜祭、8月2日の中日、8月4日の後夜祭では、夜空にきらめく山車に注目。ライトアップされた山車による幻想的な夜の運行は、昼とはまた違った魅力を楽しめます。

八戸三社大祭 情報

期間    : 2016年7月31日(日)~8月4日(木)
スケジュール: 7月31日(日) 前夜祭
8月1日(月)  お通り
8月2日(火)  中日
8月3日(水)  加賀美流騎馬打毬
8月4日(木)  後夜祭
開催場所  :八戸市中心街
一般有料駐車場:長根総合運動公園内

URL : http://hachinohe-kanko.com/10stories/hachinohe-sannshataisai

画像・情報参照元:八戸市まちづくり文化スポーツ観光部/観光課

https://tohoku-times.jp/wp-content/uploads/2016/07/hatinohe-sansya2.jpghttps://tohoku-times.jp/wp-content/uploads/2016/07/hatinohe-sansya2-150x150.jpg東北タイムズ編集部八戸市・祭りトラベル,青森・イベント,青森・八戸市,青森・祭り▲ Image Via sansya-taisai/hachinohe-city 300年の歴史と伝統を誇る祭りが2016年も開催する。華麗な27代の山車が八戸を練り歩き、毎年多くの観客を魅了する。 国の重要無形民俗文化財に指定された祭りが八戸で5日間行われる 青森県東南部に位置する八戸市で2016年7月31日(日)~8月4日(木)に日本一の山車絵巻「八戸三社大祭」が行われる。 祭りには、郷土芸能には法霊神楽(ほうりょうかぐら)や虎舞(とらまい)、太神楽(だいかぐら)などが行列をつくり、また民話や歌舞伎などを題材とした山車(だし)も八戸中心街を練り歩く。毎年約110万人の観光客が訪れる。 「八戸三社大祭」(はちのへさんしゃたいさい)の始まりは、1720年に凶作に悩む人たちが“おがみ神社”に天候の回復と豊作を祈願したところ、無事に収穫を迎えることができ、その御礼として神輿を建造し“新羅神社”に渡御したことが、八戸三社大祭の始まりと言われています。 ▲ Image Via Float/hachinohe-city 「八戸三社大祭」は、国の重要無形民俗文化財に指定され、2016年7月現在には「山・鉾・屋台行事」の一つとして、ユネスコ無形文化遺産に登録を申請中だ。 300年の歴史と伝統を誇る豪華絢爛な山車(だし)まつり。この祭りの見どころについて次のように紹介しているぞ。 一番の見どころは、おがみ神社・長者山新羅神社・神明宮の三神社の神輿行列と、神話や歌舞伎等を題材に各山車組が制作した27台の山車の合同運行。「三社」といえば浅草の「三社祭」が有名ですが、八戸三社大祭はそれにもひけをとらないにぎわい。高さ10m・幅8mにもなる山車が通るたび、沿道では大きな歓声があがります。 7月31日の前夜祭、8月2日の中日、8月4日の後夜祭では、夜空にきらめく山車に注目。ライトアップされた山車による幻想的な夜の運行は、昼とはまた違った魅力を楽しめます。 八戸三社大祭 情報 期間    : 2016年7月31日(日)~8月4日(木) スケジュール: 7月31日(日) 前夜祭 8月1日(月)  お通り 8月2日(火)  中日 8月3日(水)  加賀美流騎馬打毬 8月4日(木)  後夜祭 開催場所  :八戸市中心街 一般有料駐車場:長根総合運動公園内 URL : http://hachinohe-kanko.com/10stories/hachinohe-sannshataisai 画像・情報参照元:八戸市まちづくり文化スポーツ観光部/観光課東北を見る、知る、楽しむ 東北・ローカライズメディア
この情報をシェアしよう
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

Follow Me @tohoku_times

東北タイムズと友だちに!

友だち追加数

Sponsored Links