▲ Image Via oisiso-kuranverry/Co., Ltd. isita ▲ Image Via oisiso-kuranverry/Co., Ltd. isita

もったいない精神から商品化・青森県産“しそ”を使った商品3種類を全国発売した!ポリフェノールやアントシアニン、シソニンで体に良い商品だ。

明治創業・熟練した手技で、しそを手巻きしている梅漬メーカー

四角い梅干として知られる津軽地方独特の“しそ巻梅漬”などを手がける青森県の梅漬メーカー「有限会社いした」は、青森県産弘前市高屋地区の特産品の“しそ”を活用した新シリーズ「おいしそシリーズ」3種類を全国発売しました。

「有限会社いした」は明治創業、当時から梅を大きな赤しそで包む“しそ巻梅漬”を作っている。しそ巻梅漬製造の際に発生する規格より小さい赤しそ(くず葉)は通常捨てていたという。しかし、くず葉を有効活用できないかとの試みから今回の「おいしそシリーズ」が誕生した。以下公式では次のように紹介している。

▲ Image Via oisiso-kuranverry/Co., Ltd. isita ▲ Image Via oisiso-kuranverry/Co., Ltd. isita

栽培農家から大きさを揃えて50枚に束ねたものを買いますが、一緒に小さな赤しそも農家の為に買います。しかし、私共ではほとんど活用していませんでした。日頃からもったいないという意識が強く、体にも良い赤しそを主役にしたおいしい物を作りたいと思い続け30年。ようやくできたものが「おいしそシリーズ」です。

その「有限会社いした」から、しその実糀(税込561円)・おいしそクランベリー(税込350円)・おいしそ梅(税込350円)3種類を全国発売。

津軽の特産品“赤しそ”との意外な組み合わせ・真っ赤「おいしそシリーズ」3種類

「しその実糀」は、赤しそと共に最後にできる赤しその実もたっぷり入れ、糀と本醸造醤油で作られている。2016年全国漬物グランプリでは東北ブロックで一次審査を通過するほどの味で、ご飯との相性は抜群だ。

▲ Image Via oisiso-kouzi/Co., Ltd. isita ▲ Image Via oisiso-kouzi/Co., Ltd. isita

「おいしそクランベリー」は、赤しそに真っ赤なクランベリーとごまをたっぷり入れ、オリーブオイルで仕上げられた商品です。やさしい甘さのクランベリーが後を引き、薄塩でパクパク食べられる・しっとりふりかけタイプ。またチャーハンに混ぜて炒めると、甘みと酸味がアクセントになり絶品だという。

▲ Image Via oisiso-ume/Co., Ltd. isita ▲ Image Via oisiso-ume/Co., Ltd. isita

「おいしそ梅」は、赤しそに豊後梅とごまをたっぷり入れてオリーブオイルで仕上げた商品。すっぱい梅と赤しその丁度よい塩味で食欲のでる・しっとりふりかけタイプです。

ポリフェノールやアントシアニン、シソニンが含まれる赤しそが主役の3種類「おいしそシリーズ」是非一度、食べてみてはどうだろうか。

おいしそシリーズ 商品情報

「おいしそシリーズ」 (※賞味期限はいずれも60日)
しその実糀     :70g 通常価格561円(税込)
おいしそクランベリー :50g 通常価格350円(税込)
おいしそ梅     :50g 通常価格350円(税込)

有限会社いした 情報

商号 :有限会社いした
代表者:代表取締役 石田 俊
所在地:〒036-1312 青森県弘前市大字高屋字安田138

公式ショップ: http://ishita.ul.shopserve.jp/

画像・情報参照元:有限会社 いした

https://tohoku-times.jp/wp-content/uploads/2016/07/oisiso-gohan.jpghttps://tohoku-times.jp/wp-content/uploads/2016/07/oisiso-gohan-150x150.jpg東北タイムズ編集部弘前市・フードグルメ,青森・ご当地商品,青森・フード,青森・弘前市▲ Image Via oisiso-kuranverry/Co., Ltd. isita もったいない精神から商品化・青森県産“しそ”を使った商品3種類を全国発売した!ポリフェノールやアントシアニン、シソニンで体に良い商品だ。 明治創業・熟練した手技で、しそを手巻きしている梅漬メーカー 四角い梅干として知られる津軽地方独特の“しそ巻梅漬”などを手がける青森県の梅漬メーカー「有限会社いした」は、青森県産弘前市高屋地区の特産品の“しそ”を活用した新シリーズ「おいしそシリーズ」3種類を全国発売しました。 「有限会社いした」は明治創業、当時から梅を大きな赤しそで包む“しそ巻梅漬”を作っている。しそ巻梅漬製造の際に発生する規格より小さい赤しそ(くず葉)は通常捨てていたという。しかし、くず葉を有効活用できないかとの試みから今回の「おいしそシリーズ」が誕生した。以下公式では次のように紹介している。 ▲ Image Via oisiso-kuranverry/Co., Ltd. isita 栽培農家から大きさを揃えて50枚に束ねたものを買いますが、一緒に小さな赤しそも農家の為に買います。しかし、私共ではほとんど活用していませんでした。日頃からもったいないという意識が強く、体にも良い赤しそを主役にしたおいしい物を作りたいと思い続け30年。ようやくできたものが「おいしそシリーズ」です。 その「有限会社いした」から、しその実糀(税込561円)・おいしそクランベリー(税込350円)・おいしそ梅(税込350円)3種類を全国発売。 津軽の特産品“赤しそ”との意外な組み合わせ・真っ赤「おいしそシリーズ」3種類 「しその実糀」は、赤しそと共に最後にできる赤しその実もたっぷり入れ、糀と本醸造醤油で作られている。2016年全国漬物グランプリでは東北ブロックで一次審査を通過するほどの味で、ご飯との相性は抜群だ。 ▲ Image Via oisiso-kouzi/Co., Ltd. isita 「おいしそクランベリー」は、赤しそに真っ赤なクランベリーとごまをたっぷり入れ、オリーブオイルで仕上げられた商品です。やさしい甘さのクランベリーが後を引き、薄塩でパクパク食べられる・しっとりふりかけタイプ。またチャーハンに混ぜて炒めると、甘みと酸味がアクセントになり絶品だという。 ▲ Image Via oisiso-ume/Co., Ltd. isita 「おいしそ梅」は、赤しそに豊後梅とごまをたっぷり入れてオリーブオイルで仕上げた商品。すっぱい梅と赤しその丁度よい塩味で食欲のでる・しっとりふりかけタイプです。 ポリフェノールやアントシアニン、シソニンが含まれる赤しそが主役の3種類「おいしそシリーズ」是非一度、食べてみてはどうだろうか。 おいしそシリーズ 商品情報 「おいしそシリーズ」 (※賞味期限はいずれも60日) しその実糀     :70g 通常価格561円(税込) おいしそクランベリー :50g 通常価格350円(税込) おいしそ梅     :50g 通常価格350円(税込) 有限会社いした 情報 商号 :有限会社いした 代表者:代表取締役 石田 俊 所在地:〒036-1312 青森県弘前市大字高屋字安田138 公式ショップ: http://ishita.ul.shopserve.jp/ 画像・情報参照元:有限会社 いした東北を見る、知る、楽しむ 東北・ローカライズメディア
この情報をシェアしよう
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

Follow Me @tohoku_times

東北タイムズと友だちに!

友だち追加数

Sponsored Links