▲ Image Via kingyoneputa/aomoriya ▲ Image Via kingyoneputa/aomoriya

巨大金魚ねぷたが「星野リゾート・青森屋」内で見られるイベントが開催されるぞ。さらに、夏の定番・かき氷の進化系や青森のアイスなどが用意されている。

全長3mの金魚ねぷたが登場!青森の夏「しがっこ金魚まつり」開催

 「星野リゾート・青森屋」は、2016年7月16日~8月31日までの期間限定で、金魚ねぷたをテーマにした「しがっこ金魚まつり」を青森屋・旅館内で開催する。(※しがっことは、青森の方言で氷のこという)

イベント内容は、館内に全長3mの巨大な金魚ねぷたが登場する他、水の中で泳ぐ金魚をお部屋でも楽しむことができる「貸し金魚」や、お酒が入った「金魚鉢かき氷」、10色のアイスを花びらのように仕上げる「カランカランアイス」など、夏を感じられる内容となっています。また、女性におすすめの金魚柄の浴衣も用意されているとのこと….。

▲ Image Via kingyo/aomoriya ▲ Image Via kingyo/aomoriya

青森県津軽地方では、祭りの時期になると街のいたるところに「金魚ねぷた」が飾られる。金魚ねぷたの由来は、江戸時代に津軽藩士のみが飼うことを許された金魚「津軽錦(つがるにしき)」がモデルであると言われ、金魚ねぷたの特徴について公式サイトでは次のように紹介している。

津軽錦は尾ひれが大きく、背びれのない丸みを帯びた形が特徴。この貴重な金魚への憧れから生まれたと言われる金魚ねぷたは、現在では夏の風物詩として青森県で親しまれています。

▲ Image Via kakigouri/aomoriya ▲ Image Via kakigouri/aomoriya

今回開催される「しがっこ金魚まつり」一番の見どころは、やはり全長3mの巨大「金魚ねぷた」になるそうだ。

また、「大人の金魚鉢かき氷」はガラスの金魚鉢に果肉入りのりんごのかき氷に、青森の地酒をかけたものとなる。日本酒の香りとりんごの甘酸っぱい風味が相性良く味わえる、大人におすすめのかき氷です。

▲ Image Via yasai-sukui/aomoriya ▲ Image Via yasai-sukui/aomoriya

この他にも、金魚すくいならぬ「野菜すくい」もあり、金魚すくいのポイで氷水に浮かぶ野菜をすくう催しとなる。子供から大人まで楽しめる青森のサマーイベントとなっている。

青森屋「しがっこ金魚まつり」詳細情報

期間     :2016年7月16日(土)~2016年8月31日(水)
場所     :青森屋 本館1階 「じゃわめぐ広場」を中心に開催
プログラム内容 :貸し金魚、カランカランアイス、大人の金魚鉢かき氷 など
詳細     :http://noresoreaomoriya.jp/summer2016/

星野リゾート・青森屋 情報

住所   :〒033-8688 青森県三沢市字古間木山56

客室数  : 236室
URL   :http://noresoreaomoriya.jp/
「のれそれ青森~ひとものがたり~」(のれそれは目一杯、一生懸命の意)をコンセプトに、ショーレストラン「みちのく祭り」や、豊富な料理が並ぶバイキングレストラン「のれそれ食堂」・良質な泉質に癒される温泉「浮湯」など、青森文化を満喫できる温泉宿。

画像・情報参照元:星野リゾート

https://tohoku-times.jp/wp-content/uploads/2016/07/aomoriya.jpghttps://tohoku-times.jp/wp-content/uploads/2016/07/aomoriya-150x150.jpg東北タイムズ編集部青森屋周辺・イベントスイーツ,トラベル,青森・イベント,青森・フード,青森・三沢市,青森・祭り▲ Image Via kingyoneputa/aomoriya 巨大金魚ねぷたが「星野リゾート・青森屋」内で見られるイベントが開催されるぞ。さらに、夏の定番・かき氷の進化系や青森のアイスなどが用意されている。 全長3mの金魚ねぷたが登場!青森の夏「しがっこ金魚まつり」開催  「星野リゾート・青森屋」は、2016年7月16日~8月31日までの期間限定で、金魚ねぷたをテーマにした「しがっこ金魚まつり」を青森屋・旅館内で開催する。(※しがっことは、青森の方言で氷のこという) イベント内容は、館内に全長3mの巨大な金魚ねぷたが登場する他、水の中で泳ぐ金魚をお部屋でも楽しむことができる「貸し金魚」や、お酒が入った「金魚鉢かき氷」、10色のアイスを花びらのように仕上げる「カランカランアイス」など、夏を感じられる内容となっています。また、女性におすすめの金魚柄の浴衣も用意されているとのこと....。 ▲ Image Via kingyo/aomoriya 青森県津軽地方では、祭りの時期になると街のいたるところに「金魚ねぷた」が飾られる。金魚ねぷたの由来は、江戸時代に津軽藩士のみが飼うことを許された金魚「津軽錦(つがるにしき)」がモデルであると言われ、金魚ねぷたの特徴について公式サイトでは次のように紹介している。 津軽錦は尾ひれが大きく、背びれのない丸みを帯びた形が特徴。この貴重な金魚への憧れから生まれたと言われる金魚ねぷたは、現在では夏の風物詩として青森県で親しまれています。 ▲ Image Via kakigouri/aomoriya 今回開催される「しがっこ金魚まつり」一番の見どころは、やはり全長3mの巨大「金魚ねぷた」になるそうだ。 また、「大人の金魚鉢かき氷」はガラスの金魚鉢に果肉入りのりんごのかき氷に、青森の地酒をかけたものとなる。日本酒の香りとりんごの甘酸っぱい風味が相性良く味わえる、大人におすすめのかき氷です。 ▲ Image Via yasai-sukui/aomoriya この他にも、金魚すくいならぬ「野菜すくい」もあり、金魚すくいのポイで氷水に浮かぶ野菜をすくう催しとなる。子供から大人まで楽しめる青森のサマーイベントとなっている。 青森屋「しがっこ金魚まつり」詳細情報 期間     :2016年7月16日(土)~2016年8月31日(水) 場所     :青森屋 本館1階 「じゃわめぐ広場」を中心に開催 プログラム内容 :貸し金魚、カランカランアイス、大人の金魚鉢かき氷 など 詳細     :http://noresoreaomoriya.jp/summer2016/ 星野リゾート・青森屋 情報 住所   :〒033-8688 青森県三沢市字古間木山56 客室数  : 236室 URL   :http://noresoreaomoriya.jp/ 「のれそれ青森~ひとものがたり~」(のれそれは目一杯、一生懸命の意)をコンセプトに、ショーレストラン「みちのく祭り」や、豊富な料理が並ぶバイキングレストラン「のれそれ食堂」・良質な泉質に癒される温泉「浮湯」など、青森文化を満喫できる温泉宿。 画像・情報参照元:星野リゾート東北を見る、知る、楽しむ 東北・ローカライズメディア
この情報をシェアしよう
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

Follow Me @tohoku_times

東北タイムズと友だちに!

友だち追加数

Sponsored Links